会社情報土木事業部建築事業部インテリア事業部

会社情報

ニュースリリース

[2014.10.09]
建築事業部「名工会」安全品質パトーロール・名工会定例を実施いたしました。


建築事業部「名工会」の活動の一環として、安全品質パトロールを当社社員及び
名工会役員・登録建築家により実施いたしました。

参加者・パトロール対象現場は下記の通りです。

参加者 7名
椛蛹F工業 代表 大熊英樹
    工事部長 大足史郎
     営業部 新保竜也
   デザイン室 南雲春佳

名工会 会長 熊谷正剛
    会員 活タ藤建設 安藤秀樹

登録建築家 潟宴Cフデザインラボラトリー 八巻有里

対象現場 3件
豊島区 1件  渋谷区 1件  目黒区 1件


朝のミーティングの様子です。
パトロールに先立ち、工事部長の大足より現場状況・特性・近隣環境の説明がありました。

豊島区「K様邸」の品質安全パトロール状況です。

「K様邸」はお引渡し前、工事の最終段階でした。
チェックシートに基づき現場のパトロールを行いました。

階段や床の養生シートが部分的に剥がれていて養生としては不十分な箇所が多々ありました。

また、工事中のゴミの分別がされていなかったので、現場ルールに基づいたゴミ出しを
徹底するよう指示しました。
渋谷区「I様邸」の品質安全パトロール状況です。

「I様邸」は、基礎コンクリート打設後の養生期間中でした。

台風直後ということもあり、近隣からのゴミも散らばっている状態が目に付きました。
現場で出たゴミだけでなく、近隣のゴミだとしても、
現場をキレイに保つよう心掛けていきます。

近隣の皆様への工事内容をお知らせする看板が、
先週のままとなっていたため、現場担当者に更新するよう指示をしました。
目黒区「T様邸」の品質安全パトロール状況です。

「T様邸」は木工事中でした。
室内の仮設階段は原則、アルミの固定階段を設置することになっていますが、
脚立を利用していたため、直ちに取り替えるよう指示しました。

階段の吹抜け部には、落下防止の手すりが設置されていましたが、
安定感がなく、安全性に不安がある状況でした。

安全品質パトロールの状況は以上になります。



その後、パトロール結果の講評も含み、
武蔵野スイングホールスカイルームに於いて、名工会の定例会を実施しました。

名工会員の方々にもお集まりいただき、
今回の安全品質パトロールについての報告、反省。
現在、現場で起きている問題点についての議論がなされました。

そして、安全衛生管理活動の基本方針、目標、重点災害防止項目や現場ルールを再確認し
定例会を終了しました。


[まとめ]

今回は前回の繁忙期に比べ、現場も大分落ち着いてきたなかでの安全パトロールでしたが、
現場の状況は残念ながら、お世辞にも褒められる状態ではありませんでした。
以前に比べれば良くなっている点もありますが、まだまだ、改善しなければならないことが
沢山あることを再認識させられました。
名工会定例会については今回が第一回目の開催となりました。初回と言うこともあり、
大勢の業者さん、職人さんに参加していただき、いろいろな意見や提案を聞くことができました。
参加していただいた皆様の貴重な時間を利用して行ったこの定例会が無駄にならぬよう、
ご指摘いただいたことは真摯に受け止め、一日も早い改善を目指し
社員一丸となって取り組んでいきたいと考えます。