会社情報土木事業部建築事業部インテリア事業部

土木事業部

高圧噴射撹拌工法薬液注入工法浅層中層混合処理工法深層混合処理工法

支部

固化材を高圧で噴射し、地盤を切削しながら混合・撹拌する方法。
地中構造物を包みこむ改良や、狭い場所の改良を行います。
SJ工法

Superjet(スーパージェット)工法は、地下に最大直径5mの巨大なパイルを造 成する大型高速地盤改良です。本工法は、特殊整流装置を内蔵した水平対向ジェットモニターと超高圧スラリーポンプを用いたプラントシステムにより構成されます。
地盤に直径20cm程度の穴を開け、所定の深度までモニターを建込み、先端ノズルから超高圧・大流量スラリーを噴射させ、周囲の土砂を削り取りながら混合攪拌することで、高品質の大型パイルを高速で造成します。
X-Jet工法

従来のジェットグラウト工法にはない交差噴流という全く新しい考え方を地盤改良技術に導入し、従来、土質条件によって左右されてきた改良径を制御することで硬化材・排出物の減量化を図り、均一な材質の改良体の造成を目的として開発された工法です。
Jep工法

JEP工法は、超高圧ジェットの持つ運動エネルギーによって、地盤の骨格構造を破壊し、エアリフト効果によりその破壊された土粒子の大部分を地上へ排出すると同時に、残留した土粒子と硬化材が混合され、大口径で高品質な改良体を造成する工法です。
JEP工法のメカニズムは、上段、下段の二段ジェットにて構成されています。上段の超高圧水噴射によるガイド切削により、造成時に発生するスライムをスムーズに排出させるための、一定の空間を形成します。その空間を利用して、下段の超高圧硬化材噴射とそれに沿った空気墳流体によって破壊効果を十分に発揮させ、高品質な改良体を造成します。
CJG工法

コラムジェットグラウト工法は、三重管の先端から超高圧水を圧縮空気と同時に噴射し地盤を切削するとともに硬化材を同時充填し、直径1〜2mのパイル状固結体を造成する工法です。
JSG工法

JSG工法とは、二重管の先端から超高圧でセメント系硬化材を圧縮空気と同時に噴射し回転しながらロッドを引上げることにより、直径1〜2mのパイル状固結体を造成する工事です。
CCP工法

CCP工法は、超高圧硬化材を、ロッドの先端に装着したモニターから噴射させ、回転・引き上げすることにより地盤にφ300mm〜φ500mmの円柱状の改良体を造成する工法です。
また、このCCP工法より大きな改良径を造成するために開発されたのが、CCP-L工法(φ500mm〜φ800mm)とCCP-S工法(φ800mm〜φ1200mm)です。
Ladis工法

L-dis工法は、施工時に地盤変位を最小限に抑えることができます。また、施工機械は専用走行架台上をスライドするので、クレーンを使用せずに移動でき、非常に機動性に富んでおります。