ママサポート制度

こんちには!総務部広報担当のイワです!
大熊工業では働く女性を応援するママサポート制度があります。

ちょうどこの春、育児休業から建築事業部に復職した女性社員に直接会うことができたので早速インタビューしてきました!

久しぶりの建築事業部に私もワクワクしながら西東京市から吉祥寺へ・・・。

母となって帰ってきたIさん。
育児との両立で業務が忙しい中、私の質問攻撃に快く答えてくれました!

<イワ>「お疲れ様です!!今日はお忙しい中お時間頂きありがとうございます!」
「質問は考えてきてあるのですぐ終わらせますね!!!!」

<新米ママIさん>「全然大丈夫ですよ!よろしくお願いします!」

<イワ心の声>~業務中なのにスイマセン・・・。でもせっかくの機会だから聞けることは聞いて帰ろう!~

<イワ>「早速ですが、いくつか産休育休や復職を経験しての感想を伺いますので答えられる範囲でお願いします!!」

<新米ママIさん>「上手く編集して下さいね!!」

<イワ>「あっ!!それは・・。笑。頑張ります!!」

<イワ心の声>~私の力量にかかってしまう!!!~

<新米ママIさん>「笑!!!」

<イワ>「では、いくつか質問させて頂きます!」
「産休育休を取得するにあたって、不安などありましたか?」

<新米ママIさん>「私の場合は、社内での説明会やインテリア事業部や総務部での前例があったので大きな不安はありませんでした。」

<イワ>「そうですね。大熊工業としては3人目の産休育休取得でしたもんね。事前に説明会があるのもありがたいですよね。」

<新米ママIさん>「そうなんです!周りのスタッフにも引継ぎや時短勤務など快くご対応して頂いたので、安心して産休育休を迎えることができました。」

<イワ>「出産を迎えるだけでも不安な気持ちが大きいと思うので、仕事の面で理解のあるスタッフが支えてくれたのは本当にいい環境でしたね。」

<新米ママIさん>「とっても助かりました!」

<イワ>「では、産休育休中はどんな過ごし方をしていましたか?」

<新米ママIさん>「産休中は各手続きや出産準備の買い物、保育園見学などしていました。育児休暇中は子どものお世話で手一杯でした。笑」

<イワ>「そうなりますよね。では、あっという間の産休育休期間だったんですね!復職してからは時短勤務制度を利用されているんですか?」

<新米ママIさん>「はい!まだ子どもが小さいので保育園に預けていますが、あまり長時間預けるのは可哀相なので時短勤務を利用しています。徐々に勤務時間を増やしていければいいなと思っています。」

<イワ>「まだお子様小さいですもんね。働きたいけど子どもの生活も無理させたくないという気持ちがありますよね。時短勤務制度が利用できることは復職する母親にとっても子どもにとってもいい準備期間となりますね。」

<新米ママIさん>「そうなんです。復職してからは仕事の仕方も変わりました。時短勤務ということで作業時間が以前よりも少ないので、やるべき仕事をより見極めて仕事をするようになりました!」

<イワ>「短い時間でも効率良く仕事をしていく!ということですね!仕事も責任を持って行い、帰宅したら母としての仕事も・・・・仕事と育児の両立は大変じゃないですか?

<新米ママIさん>「忙しいです・・笑。突然の子どもの発熱で保育園から連絡がきて、仕事中でも迎えにいかないといけないことがあったりと、イレギュラーなことが多いです。」

<イワ>「毎日目まぐるしいですね!!!」

<新米ママIさん>「本当に!!」

<イワ>「では、すぐ終わらせると言いながら長くなってしまいましたが、最後の質問です!」
「今後、どのような働き方をしていきたいですか?」

<新米ママIさん>「子どもがいても、自分にとってやりがいのある仕事を諦めずにしていきたいです!」

<イワ>「かっこいいです!!!私たちも出来ることは全力でサポートしていきますね!」
「今日は忙しい中ありがとうございました!」

最後に、振り返ったIさんをパチリッ!!!

母となり、仕事と育児を両立し、女性としても母親としても輝くIさんをこれからもサポートしていきます!!!

今回は貴重な体験談を聞くことができて総務部広報担当としてのやりがいを感じたイワでした。