4期生 面接編

こんにちは!総務部広報担当のイワです!

先日、土木事業部の幹部たちが技能実習生4期生の面接をしにベトナム・ハノイへ行ってきました。

インフラ整備が急ピッチで進む首都ハノイの街。

訪れる度に町の様子が進化していて毎回驚かされます。

相変わらずなのは朝夕の通勤ラッシュ風景です。
モーターバイクが縦横無尽に道路を占拠していました。

今回初めてハノイに来た高口部長のために、実習生を送り出し機関であるJVNETの見学をしました。

JVNETの学校内は整理整頓が行き届き800人以上の生徒が大きな声で日本語を復唱し授業を受けていました。
日本人も見習わなくてはいけませんね!!!

朝起きてから寝る時間までみっちり勉強をして生徒たちは寮生活を送っています。
実技を学ぶ訓練場も完備。日本語だけではなく実践的な訓練も受けてから日本へ来ます。
800人以上の生徒が食事をとる食堂も驚くほど大きい!!

「今、日本に来ている実習生達もここでこんなに勉強してきたんだな~。」
改めて彼らのすごさを関心したと高口部長。

最後に面接の様子です。

今回は書類選考を経て7名の生徒の面接をしました。

実際、日本で彼らが働くことになる土木事業部の現場の様子も伝えます。

面接の結果2名の生徒を採用しました。

面接後、早速雇用契約を行いました。
彼らは、ベトナムにて6ヶ月日本語と日本の習慣を学び12月中旬に日本に来日予定です。
環境を整えて彼らを待とうと思います。

おまけです!!

日本で待つベトナムスタッフのために懐かしい味をお持ち帰り!
地元のスーパーで調味料やソールフード(インスタントですが笑)を手分けをして大量に購入しました。

久しぶりのハノイ!久しぶりの面接でした・・・
ベトナムに来て面接をするたびに彼らの「働きたいです!!」と言わんばかりの目の輝きにパワーを感じます。

日本人も彼らを見習い、有ら削りでもやる気がみなぎる!そんな若者の育成に力を入れていく必要性を訪れるたびに感じます。

半年後に来日する彼らのために、安全で働きやすい職場づくり実践していきます。