おふくろの味 “香苑”

こんにちは!カデです。

2019年6月末。
こちらのページでも度々ご紹介してきた焼肉屋さんの
“香苑”さんが42年間の歴史に幕を閉じました。

香苑さんには大熊工業創業時から大変お世話になっていて、
社員にとってはまさにおふくろの味。

いつかは訪れると分かっていても、
“閉店”という言葉を受入れられない社員も沢山いました。

これまで香苑さんでは、、、

社員の誕生日会を開いたり

技能実習生の歓迎会を開いたり

女子会を開いたり

気づけば節目節目でみんなが集まる大切な場所となっていました。

そんな数々の思い出が詰まった香苑さんの最終営業日。
お母さんにこれまでの感謝の気持ちを伝えたい!!!と
たくさんの社員たちがお店に集まりました。

花束を手に続々と入店してくる社員たち
あっという間に店内は満席に!!!

大熊工業創業当時は
全員揃ってひとつのテーブルを囲むことが出来ていましたが、
今では店内に入りきれないほど多くの大切な仲間が増えました。

“いつか社員で店内を一杯にする!!”
会社を創業当時の代表の夢は、願った以上のかたちで実現することが出来ました。

これまでの大切な思い出とともに、
いつまでも心に刻み込んでおきたい光景です。

食べ納め!とばかりに次々とお気に入りのメニューを注文する社員たち。
みんな少年のような笑顔で美味しそうに楽しそうに食事をする姿がとても印象的でした。

42年間、お店を守り続けてきたお母さん。

美味しい食事はもちろんですが、
みんな本当はお母さんに会いたくてお店に通っていたと思います。

会社のことや社員ひとり一人のことまで良く理解してくださっていて、
いつもあたたかい言葉を掛けてくださいました。

ありがとうございました。

お腹も心も満たされた帰り道の幸福感は忘れません。

正直、まだ実感はありませんが、、、
これからもお母さんの健康と幸せを社員一同心から願っています。

長い間、本当にお世話になりました。

社員一同より心を込めて

お母さん。
42年間、お疲れ様でした!!!